LAVAのパワーヨガ上級を受けてきた

LAVAのパワーヨガ上級(運動量MAX)を遂に受けてきました!レッスン前は最後までついていけるかすごく不安でしたが、何とか最後までやりきることができました。この記事では、パワーヨガ上級を受けるための心が構えと私の感想を中心に書いていきます。

実は私はパワーヨガ系のコースに対して昔から苦手意識がありました。まず、太陽礼拝の動きを覚えるのが大変だった。特に汗で眼鏡がズレるし、眼鏡とると見えない。次に1呼吸で一動作という動きに慣れない。ヨガベーシックとかボディメイクのコースでは、体を伸ばすときに1呼吸はするけど、太陽礼拝では1呼吸の動きが大きいし、間違うと恥ずかしい。ダウンドックが休憩なのに、肩こりひどかったり柔軟性が足りなくて、休憩にならない・・・と言い出すときりがありません。私のパワーヨガ初級を悪戦苦闘していた時代の記事はこちらです。

LAVAのパワーヨガ初級【運動量:3】

このときは、熱心に誘っていただいたイントラさんのおかげでうまく覚えることができました。でも、休会していたし、ましてやパワーヨガ上級って無理、無理、無理ー!!って思っていたのですが、お気に入りのイントラさんの気持ちと胸を借りて初めて参加してきました。パワーヨガ上級の感想はやっぱりきついはきついですが、心構えができていると楽しく取り組むことができます。

パワーヨガ上級とは

LAVAさんのページでは次のように説明があります。

運動量:★★★★★、時間:60分

パワーヨガ初級で練習している「太陽礼拝」をベースに、全体の動きをよりなめらかにし、一つひとつのポーズの強度を高めたコース。解説を最小限に抑えることで、より自分自身のカラダと心を見つめることができるレッスンとなっています

( https://yoga-lava.com/service/yoga.html )

前提として、パワーヨガ初級の太陽礼拝の動きをマスターしてから参加してください。パワーヨガ初級を2,3回受けてからにしましょう。

パワーヨガ上級を初めて受けるときの心構え

さっき、初めてレッスンを受けたのですが、参加者が少なかったです。10名くらい。イントラさんが紛れ込んでいたり、すげー上級者が紛れ込んでいて、私のようなライトヨギーニがさんかして大丈夫かなと思いましたが、私を含めて3人くらいは初心者がいました。次の点をきっちり意識をしていれば上級のコースも問題ありません。

  1. 最初から飛ばしすぎない
  2. ポーズで無理をしない。最初はみんなできないことを上級者の方はわかっている
  3. 体調が悪い日はレッスンを受けない
  4. 他の人と比べない
  5. 事前に肩周りと股関節周りをほぐしておきましょう
  6. 眼鏡はダメ
  7. 直前にご飯は食べすぎない

ちなみに私の最近の運動量は、週2回軽いジョギングかヨガを行う(ヨガは月に2,3回)という感じの運動量で、最後の10分筋力が持たなかったかなという感じです。

パワーヨガ上級の流れ

正直、覚えてないw

とっても違ったのは、ほかのコースだと胡坐の姿勢から首周りのストレッチから始まりますが、パワーヨガ上級は、いきなり立って太陽礼拝から始まります。

  1. 立っている状態から、頭上で手を合わせる
  2. 前屈
  3. ルックアップ
  4. チャトランガを通して両足を地面につけて
  5. アップドック
  6. ダウンドック
  7. 足を歩かせて、ルックアップ
  8. 前屈
  9. 頭上で手を合わせる
  10. 手を下す

ダウンドックのたびに肩がボキボキなって、脹脛が伸びていたかったです。

この動きに⑦が、ウォーリア1をはさんだり、ウォーリア2/リバースウォーリアをはさんだりして強度を上げていきます。この方のブログのポーズが入っていた気がします。

LAVA・パワーヨガ上級の口コミ

プランクのポーズとか後半にあって、運動量3ではやらないチャレンジポーズとかありましたけど、無理せずやりましょう。10分に1回くらい休憩のタイミングがありますが、50分くらいは立ちっぱなしでしたね。

パワーヨガ上級のコースで気づいたこと

お腹はまだ出っ張っているけど、体力は上がってきた気がします。私はヨガの頻度があまり高くはないのですが、体の柔軟性に左右差があるので、ストレッチを大目にやろうかなと思いました。気持ちが前向きな時は運動量が多いコースにチャレンジしてみたい。但し、気持ちが折れそうなので、親しみのあるイントラさんでやるのがおすすめです。

>ヨガで毎日をハッピーに☆

ヨガで毎日をハッピーに☆

私は、ヨガを週に1回~2回行うだけで、ストレスフリーで疲れにくい体を作ることができます。体が丈夫になると、心も前向きになり仕事やプライベートの人間関係が円滑になりました。この記事を読まれた方もヨガをはじめてみませんか?

CTR IMG