LAVAのハタヨガビギナー【運動量:2】

LAVAのコース

この記事では、LAVAのハタヨガビギナーついて書きます。

スポンサーリンク

ハタヨガビギナーとは?

ハタヨガビギナーがどのようなコースかというと、LAVAのサイトでは次のように書かれています。

(2017年の説明)

ヨガの元祖とも言われるハタヨガの基礎的なポーズをじっくり行うクラス。一つ一つのポーズを丁寧にとりながら、肩や股関節にアプローチし、心身の調和をはかります。普段体を動かさない方でも無理なく楽しめ、定期的にヨガや運動をされている方にも体のメンテナンスとしてお勧めのクラスです。

(2018年の説明)

ハタヨガの基礎的なポーズをじっくり行うコース。一つひとつのポーズを丁寧にとりながら、肩や股関節にアプローチし、心身の調和をはかります。普段カラダを動かさない方でも無理なく楽しめるほか、運動をされている方のメンテナンスとしても◎。
http://www.yoga-lava.com/service/yoga.html

ハタヨガの感想

私が受けてきた感想は次のものです。

  • ヨガの基本的なポーズが多いので、ヨガベーシックⅡのような感覚です
  • キープが長めに取るので、体幹を鍛えるのに向く
  • 運動量2ですが、しっかりポーズをとると結構疲れる
  • 全身のストレッチと筋トレがバランスよく配置されているので体のメンテナンスができる

ハタヨガビギナーは、新卒のインストラクターさんが担当することが多いコースでもあり、LAVAの中では基本のコースです。ハタヨガの中で特徴的なポーズは次のものです。

  • トラのポーズ+カエルのポーズ
  • 猫の背伸びポーズ
  • ローランジ
  • 雲雀のポーズ

ヨガの土台となる腹筋と背筋と脚の筋肉をバランス良く鍛える感じですね。ウォーミングアップが終わって、ローランジを初めた頃から呼吸が浅くなりがちなので注意が必要ですね。ヨガを初めて半年ぐらいはポーズを覚えることに意識が行きがちで、強度の高いコースばかりを選んで受講している時期がありました。しかし、1年位たった頃に呼吸法のワークショップに出てから筋力的にきついポーズでもコントロールした呼吸を保つことを意識するようになりました。そうすると、ハタヨガビギナーもとても奥深さが出てきます。

「ハ」「タ」ヨガの意味

ハタヨガは、「ハ」と「タ」には意味があります。

ハタとはサンスクリット語です。ha(ハ)は太陽、tha(タ)は月を意味します。太陽と月は、陽と陰、男と女、上と下、理想と現実、心と身体など世の中の相対するものの代表的な存在です。ヨガという言葉には「結ぶ」という意味があります。ハタヨガとは相対する2つのものを結びつけ、調和させバランスをとることを原則としたヨガなのです。

ハタヨガとは?その効果とメリット、おすすめポーズを解説【プロ監修】
ヨガにはたくさんの種類がありますが、多くのヨガの流派の元になっているのが「ハタヨガ」です。ポーズを取るヨガとして最も歴史の長いことでも知られています。ここではヨガの王道、ハタヨガについて詳しくご紹介していきます。

「ハ」と「タ」の意味は、ハタヨガのレッスンの中でも何度か説明してくれるのですが、ふーんと聞いているだけなので、引用させて頂きました。

まとめ

ハタヨガは体験レッスンも可能なものですので、初心者向けですが1年たった今も楽しむことのできるコースです。皆さんも体調に合わせて楽しみながらヨガをやっていきましょう。

 

コメント