LAVAのお腹引き締めヨガ【運動量:3】

LAVAのコース

この記事では、LAVAのお腹引き締めヨガについて書きます。コースの名前から推測できるかと思いますが、腹筋を鍛えることに焦点を当てたコースです。腹筋は大きく分けて3種類(腹横筋、腹斜筋、腹直筋)あり、それぞれにアプローチをしていきます。

スポンサーリンク

お腹引き締めヨガとは

お腹引き締めヨガは、LAVAさんのページでは次のように説明があります。

腹筋・背筋のバランスを向上させ、カラダの中心部分を整えることで、お腹を引き締めるコース。単に筋肉を鍛えるのではなく、コアを強化し、しなやかなカラダを目指していくので、ぽっこりお腹や腰痛にお悩みの方にオススメです。
(http://www.yoga-lava.com/service/yoga.html)

お腹引き締めヨガの感想

これは、そのままの説明で良いと思います。私が受講してきた感想を次に書きます。

  • 滅茶苦茶、お腹に聞きます普段の腹筋運動だけでは鍛えられない部分のお腹の筋力を使うので、初回受講時は注意です!
  • ヨツンバイやプランクの状態が多いので、腹筋の他に肩が意外と疲れます。
  • 呼吸法を意識せずとも腹筋が鍛えられます。呼吸法を意識するとより効果が増します。
  • 冬の時期や運動不足の方は、レッスン直前にストレッチをして身体をほぐしておくと効果が増します。

お腹引き締めヨガの流れ

記憶を頼りに、お腹引き締めヨガのの流れを記載します。こちらのインストラクターさんによって若干違うようですので、こちらのサイトもとても参考になります。

<ウォーミングアップパートの流れ>

1 .あぐらで呼吸観察

2 .首を伸ばす&回す
3 .複式呼吸と胸式呼吸の練習
4 .キャットストレッチ

<メインパートで登場するポーズ>

1 .トラのポーズ

 ⇔
2 .座位で開脚


3 .体側伸ばし
4 .人魚のポーズ


5 .ダウンドック
6 .椅子のポーズ

7 .飛行機のポーズ(画像なし)

8 .ワシのポーズ

9 .三角のポーズ

10.ウォーリア1

11.ウォーリア3

12.肘をつき4点プランク
13.肘をつき3点プランク+サイドプランク
14.ダウンドックとトラのポーズの組み合わせ(画像なし)
15.自転車こぎのポーズ(画像なし)

<クールダウンパート>

1 .いくつかストレッチをして、やすらぎのポーズ

その他気づいたこと

ヨガを始めたばかりのころに、お腹引き締めヨガを受けたら、インナーマッスルが弱りに弱っていたようで、最後まで持たなかったんです。でも、回数を重ねるうちに、最後までやり切れるようになれました。効果が上がっていることが分かるとモチベーションが上がりますね。

その他に最近上達してきたなと感じる点は、私は立ちポーズがすごい苦手だったんですけど、最近ちょっとずつバランスが取れる時間が長くなってきました。私は立ちバランスポーズについて2つの誤解をしていました。1つ目は一気にポーズを完成させようとしていたこと。2つ目はグラつくことを自分に許していなかったことです。

1つ目を具体的に表現するとY字バランスを0.1秒で完成形にしようとしていたところを3秒くらいかけて完成形にするようにしたら、体の傾く癖がわかるようになりました。そこに意識を向けるように足の体重の乗せ方調節すると自然とバランスが取れるようになってきました。(ヨガではY字バランスは取らないのですが、イメージのしやすさを優先してY字バランスと表現しています。)そうは言っても今の私の筋肉は硬いみたいで、だいぶグラグラしてしまいます。

そこで2つ目です。グラグラしないようにしようとしすぎて結果的にバランスを崩して、片足から両足をついてしまっていました。最近は、グラグラしてもそれを許容するようになったら、片足だちできる時間が増えるようになりました。立ちポーズをすると、いつもジョギングをした後に決まって痛くなる足の外側に負荷がかかるのを感じるようになりました。私、足の裏が弱いみたいです。

まとめ

ヨガに通い出して、1年が経過するとその日の体調によって前は出来ていたポーズが急にできない時があります。仕事で寝不足で足がパンパンにはっている時や、他の運動をして筋力のバランスが変わってしまって体の中心軸がズレたり傾いていたりするみたいです。そんな時も焦らず自分の体と付き合うようにしています。

 

コメント

  1. Theda より:

    Simply ѡаnnɑ comment on few general things, The website design and style is рerfect, the content
    is real wonderfᥙl.”Drop the question what tomorrow may bring, andd count as profit every dday that fate aallows you.” by Hօrace.