防水UNOをお風呂で使ってみた感想

子育て

この記事では、防水UNO「ウノ H2Oウノ カードゲーム H8165」をお風呂で使ってみた感想を書きます。小学生のいるご家庭ならUNOが1組くらいあるかと思います。UNOは、紙製のものだけではなく防水のUNOがあることがわかりました。(っというか、気づいたら家にありました)プラスチック製のトランプみたいな感覚ですが、トランプよりも厚手のもので、お風呂でも使用可能です。

スポンサーリンク

防水UNOとは?

特徴と性能を書いておきます。

  • 防水加工が施されているUNO
  • プレイヤーは10人が目処
  • 対象年齢は7歳以上
  • Amazonで購入可能

Amazonさんで見ると、2005年から取扱がされていて、この記事を書いている時点で、200件以上あります。低い評価をしている方の意見は次のものです。

  • 開封時の匂いが気になる。最初水洗い
  • UNOの山札が崩れやすい

お風呂で使うときの注意点

さっそく、お風呂で使ってみました。お風呂で使った感想は、、、お風呂で遊ぶときは普段プレイするときよりだいぶ手間がかかります、指がシワシワになること必死なので、遊ぶのはたまにでいいです(笑)うちのお風呂が小さすぎて3人以上でやるにはちょっと大変です。

お風呂でUNOをするときは、山札が倒れるので小さい洗面器が1つ必要です。また、水には浮かばない仕様になっているため、手札を切るようの洗面器がもう1つ必要です。お風呂で遊ぶ場合は、水で1枚1枚のカードがくっつくので、取りにくいです。普段メガネの方は、ちょっと見にくいかもしれません。お風呂を上がったあとは、タオルで水気を拭きましょう。

お風呂では使いにくいのですが、お風呂で30分くらい使ってもカードがダメになるようなことはありませんでした。子供がジュースをこぼしたり、大人がビールをこぼしても大丈夫ですね。ただし、衛生面はちゃんと考えましょう。

まとめ

防水UNO「ウノ H2Oウノ カードゲーム H8165」をお風呂で使った感想と注意点を書きました。UNOは紙に慣れていましたが、プラスチック製のものもお風呂では使いづらいですが、普段通りの使い方をするには良いですね。

コメント