立ち木のポーズのコツ

ヨガ

最近、一般的なコースはおおかた受講できて、好き嫌いや体の体調によって選ぶようになってきました。行くタイミングはその日の仕事が落ち着いている時になので、決まった日に予約ができないという感じです。最近、効果を考えながら集中できるようになってきたのですが、「立ち木のポーズ」がすごく苦手だということに気づきました。練習すれば、上手くなると思っていましたが、私の体の構造上難しいので、調べて見ることにしました。

スポンサーリンク

立ち木のポーズ

まず、立ち木のポーズがどんなポーズかというとこれです。

(http://tsupate.com/treepose/)

私は、どうしてもバランスが取れない。。。

立ち木のポーズのコツ

できない人へのコツは、これ。

  • 曲げる方の足の位置をくるぶしの横や、膝の横など、低いところにする
  • 揺れを感じながら、自分の中心軸を探すように意識する
  • 最初は手は上げなくても良い。
  • 最初からカッコよくする必要はない。

私が立ち木のポーズをした場合の効果ですが、ふくらはぎがとても疲れます。ふくらはぎで足首をける力は強いのですが、横方向への筋力が弱いようですね、私。

まとめ

大体のポーズはいきなり出来てた私としては、マスターしたいですね。あと、ヨガのポーズのコツを調べながら思ったことがあります。意外とシリーズ化できるくらいの数があるということです。今後、私目線のコツ(これはほかの方と変わらないかもしれません)と効果を書いていこうかと思います。

コメント