私もPTA活動の作業量を減らしたい

小学生

子供の日ということで久しぶりに育児ネタを書きたいと思います。スマートニュースの記事を見ているときに身近な話題だと感じた記事がありました。「非効率なPTA活動、ITを駆使し8分の1の負担に」という記事です。

非効率なPTA活動、ITを駆使し8分の1の負担に 〈AERA〉
 PTA活動の内容は、親の足が遠のいてしまうほど非効率なケースも多い。しかし、ITを駆使して作業量を減らすなど、現場にも変化がみられてきた。 さいたま市の公立小学校に昨年子どもが入学したAさん(38)...

内容は、PTA役員というのは任意と言われているが、実際はくじ引き決められて拒否権がないものらしいです。活動自体は平日に行われるので共働きの方は、仕事の休みを取らなければならないのですが、休みを取って参加するほどの活動をしていないのが実情。それをITの力を駆使して負荷を軽減したといいう話です。

素晴らしい話だなと私は思っています。

スポンサーリンク

PTAのお誘いは突然

私に子供が居なかったら、このニュースに対して記事を書くことはなかったであろうと思います。

実際私も、どなたかの推薦でPTA役員をやらないかと言われた事があります。その時の説明を聞くと次のような話しでした。

PTAの活動は平日に行います。月平均2回〜4回集まることがあります。お仕事をされている方もお休みを取っていただく必要があります。必ず当番が回ってくるので早めにやったほうが良いと思います。

(この説明に次のことを確認しました。)

  • 私が、休日の集まりに変えることができればやることは可能ですかそういったことはできるのかを確認したところ、主婦の方々が休日は家族の時間に使いたいという要望が強いため意見を聞き入れてもらえない。
  • 仕事の都合がつかない場合、欠席することが可能かどうかを確認したところ、そういう人はあまり居ないので、周りの方が良いように思われない。

この説明を受けた瞬間、私の家は共働きで子供が風邪を引いたときは交互に休みをとる環境で、お互いの休みが月に2,3日しか合わないこともよくある環境のため、すぐにお断りをさせていただきました(笑)私をPTA活動にお誘いしていただいた方は礼儀のある方で、2・3回電話いたしましたが、私の意見を聞き入れてくれました。

話は変わりますが、私の子供は民間の学童保育に預けているのですが、学童の役員の打ち合わせは平日に実施します。平日ですが19時〜22時に行っています。子供同伴で夜まで打ち合わせをすることもよくある光景です。学童保育を利用される方は、共働きの方なので話がとてもスムーズですね。LINEグループができていたり、メーリングリストが使えたりします。PTAの活動も学童の役員会のようになってくれないかなと本気で思っています。私は、役員になったら、この記事をお手本に効率化を打診しようと考えています。

そもそもPTAって何をやっているかよくわからないんです。それを教えて頂けると、冒頭で紹介したニュース記事のような解決ができるかもしれませんね。

共働きの家庭は共感していただけるかと思いますが、主婦の方々には中々共感していただけない内容かと思います。

まとめ

PTAのことを書いているときに、この時期恒例となっているニュース記事を見つけました。日本の子供の数が33年連続で減少しているという記事です。

33年連続減少、日本の子供の数は1633万人に(不破雷蔵) - Yahoo!ニュース
総務省が「こどもの日」にちなんで毎年開示しているレポートが今年も発表され、日本における子供の数は2014年4月1日時点で1633万人であることが明らかにされた。去年と比べ16万人の減少を示している

PTAの中では主婦が多数派かもしれませんが、今後は、世間的に子供を持っている世帯が少数派になる時代が来るかもしれません。育児と言うと小学校に上がるまでをイメージしがちですが、子供が小学生になったあとも色々あります。今までの慣習でというのはとても周りを説得すのが簡単なやり方ですが、子供を持つ親同士、協力して行けるといいなと私は思います。

 

コメント