ヨガで立ちポーズが苦手な理由

ヨガ

私は、片足立ちのポーズが苦手です。とくに以下は苦手分野です。

  • 立ち木のポーズ
  • 弓のポーズ
  • 戦士のポーズ3

レッスンが終わったあと、着替えていると珍しく社交的な男性が声をかけてくれました。お話をすると整体師で私が立ちポーズができない原因を説明してくれました。はじめは苦手な部分を指摘してきたので身構えましたが、せっかくの機会なので、メモに残しておこうと思います。あくまで私の場合ですので、他の方はあくまで参考程度に読んで頂けると幸いです。

私の筋力のつき方やバランスを見て次の意見を頂きました。

  1. 足の裏のアーチが弱っているので、土踏まずと拇指球を毎日ほぐしましょう
  2. 足首の可動域が固まっているので足首をぐるぐる回してほぐしましょう
  3. お尻の筋肉が凝っているのも原因かもしれません

何となく納得しました。

私は、以前3D測定器で足を測定していただいた際に、極度のガニ股で足に歪みがあるという診断をもらったことがあります。どういうことになるかというと、足の歪みから、最初に足の裏のアーチが崩れて、それに引きづられて、足首が疲れ、膝→腰の順番で負荷がかかるようになる。この診断を頂いて依頼、ランニングシューズには、中敷きを必ず敷くようになりました。(スポーツ専門店のシューズを買うところにあることがあるので、大人でも図ってみると新しい発見があるかもしれません。)ちょっと話が脱線しましたが、片足のバランスのポーズには、足の裏のメンテナンスが必要になります。

LAVAさんのコースだと美脚ヨガかリンパヨガが良いのですが、最近は仕事が忙しくて、時間が合わせづらいので、取り合えず、これ買ってみようかな(笑)

時間とお金に余裕があれば、次のようなマッサージもいいですね

方法はいずれにしても、かっこよく片足立ちのポーズが取れるようになりたいですね。見ず知らずの整体師の方、ご指摘いただきありがとうございました。

コメント